背景

栄枯盛衰とはこのこと

今や飲食店探しの必須ツール、グルメサイトについて

何処か良いお店はないか、そう思って利用するグルメサイト。筆者もそうだが、頻繁に利用、あるいはお店探しの参考にしている。情報過多ともいえるこの時代、ネットを駆使してそこまでのことも出来るようになっていますが、問題点も当然あった。このサイトはそんなグルメサイトについて考察・言及していきます。

背景

有名になりすぎるのも

グルメサイトの利用で顧客の数が増えたと喜ぶ店舗もあるでしょう。掲載されればその分だけひと目に付くことから、これまで利用したことがなかった人も訪れてリピーターになってくれるというケースも実例として見られる。

中でも有名になるための足がかりとして活躍するのが『口コミ』の存在だ。例えば訪れたお客さんが美味しくて口コミサイトにそうした意見を記述したとする、それに反応してそうなんだと関心を示した人が増えてくれば、必然と流れるようにお客さんはやってきます。だからこそ口コミは利用しておきたいと考えている人も多いようですが、口コミには口コミならではの功罪が隠されている事に気づいていない人も多い。

それは、『不特定多数かつ匿名性の強いサイトでは肯定的な意見の他にも、否定的な意見ですらいつまでもネットに残る』という点だ。事実、そのせいで被害を受けた店舗も出ている。

口コミのせいで

東京にある某人気中華料理店が運営している公式ブログがアップされた。そこに記述されていた内容は、激怒していた。それというのも、利用していた口コミサイトにアップされた評価があまりにひどく、悪口を書かれたことに我慢ならなかったという。そこは抑えておきたいのですが、人間というのは時に我慢ができなくなる瞬間もある。この店主はそう思ったのでしょう、たまらずブログで即日文句を言ったという。

実は他人事ではない、それこそ文句や悪口を書かれれば運営が管理しているために一生涯削除出来ない、申請しても大抵拒否されてしまいます。悪口が書かれていれば、ここはそんなに酷い店なんだという印象が根付いてしまいます。そのせいでどんなことになるかは、言うまでもないでしょう。

話を戻すと、その店舗はホントに口コミ通り美味しくないのかといえば、そうでもなかった。それというのも気になって足を運んだのだが、筆者個人としてこんなに美味しい中華料理を食べたのは久しぶりだと、素直に関心したほどだ。ただ一点注意事項として、味はかなり人を分かれるでしょう。美味しいと語る人もいれば、美味しくないという人も当然出てくる。そもそも、悪口やお店に対する誹謗中傷は基本、お客さん個人の主観的意見でしかないのだ。広く客観的な意見を冷静に述べているならまだしも、子供じみた本能のままに叫んでいるような内容掲載も見られるため、口コミの内容が必ずしも真実だと一概には言えないのです。

不正行為も

口コミ系のグルメサイトの欠点として、最大とも言える問題が一つあります。それは作為的に内容を変えて自分の店の評価を高めるという、意図的な行為が横行することだ。ライバル店舗よりも客数を増やすために登録したものの、評価が褒められていなければ結局は意味が無いと感じるのでしょう。口コミが良ければ良いほど顧客は一度訪れてみよう、そう感じるものだ。そうした心理を巧みに利用するため、店舗は特定の業者に金銭を支払った上で評価を付けてもらう、一種のヤラセが頻発していたのです。

これは同様のIPアドレス、またはそれを管理する運営会社により判明したので即座に不正行為を行った際にはペナルティを課すという措置が取られた。

例として

不正を働いてまずいことがあった、この件はそう考えるほうが自然でしょう。口コミは良い評価であればあるほど、興味を惹かれるものだ。筆者個人も、レビューなどが付けられて評価されているのなら一度足を運んでみたい、そう思うからです。ですがいくら口コミが良くても実際に訪れてみたら、とんでもなかったとなればやはり怒り心頭だ。おそらくだが、

  • 美味しいと記載されていたのに、実際食べてみたらまずいどころの話ではなかった
  • アットホームとは名ばかりで、タメ口で接客態度がまるでなっていない店員が多い
  • サイトに表記されていた値段より、高めの料金を要求された

といった苦情が起こったのでしょう。そしてその矛先は飲食店舗だけでなく、グルメサイトを運営している企業へと向けられた。

このサイトの口コミがおかしかったらあんな不快な思いをした、そう糾弾したいのでしょう。その類の苦情が圧倒的に寄せられたこともあって、悪質な口コミを始めとしたヤラセについても徹底的に管理する方針がとられた。

口コミについては

ただ人によっては、あるいは個人的に口コミを完全に信じるという風に見ないほうが安全だ。元より、一度も足を運んだことのない店舗を情報だけで味まで判断するのは非常に困難です。なのであくまで参考程度に見るのが現在の主流だ。また口コミを記述する人が必ずしもまじめな人ばかりではなく、炎上目的で行っているような人もしょっちゅう出現しますから、最近ではコメントを禁止している、または厳重な審査を経て掲載するといった方針を立てているのです。

今でいう炎上商法、などと言われる戦略もありますけど飲食店系にとっては痛手の他ない。高評価を受けたいがあまり、業者に余分な金額を払ってまで集客したいというのも考えさせられる話だ。